薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方

薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方 | Dr.ロバート・メリロ, 吉澤 公二 |本 | 通販 | Amazon

Amazon商品内容紹介

左右の脳のつながりを取り戻せば、発達障害は治る!
オックスフォード、ハーバードも注目する、治癒率80%を超える新しい家庭療法「ブレインバランスセラピー」

これまで「発達障害は治らないものだから、どう上手に付き合っていくか」と考えることが一般的でした。
しかし、著者のDr.メリロは、その考え方は明確に間違っているということを、自らが多くの発達障害児の治療する中で訴えかけてきました。
実際に、Dr.メリロがアメリカで展開するブレインバランスセンターでは、
2万人以上の発達障害と診断された子供が、プログラムを受け、幸せな日々を取り戻しています。

発達障害は、自閉症、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)など、それぞれの子供によって様々な症状を見せます。
しかし、それぞれ診断名によって症状は違いますが、根本的な原因は共通しているのです。
それは、左右の脳がつながりを失っていることだとDr.メリロは言います。
成長の過程で、左右の脳の成長バランスが崩れてしまうことによって、左右の脳を行ったり来たりしている電気信号のバランスが崩れたり、
同調しなかったりすることが原因なのです。
そして、そのバランスがどう崩れているか、左が強いのか、右が強いのかなどによって表面にあらわれる症状が変わります。

Dr.メリロが本書で紹介しているブレインバランスプログラムは、バランスが崩れた脳の状態を正常に戻すためのプログラムで、
アメリカのブレインバランスセンターで実施されているものを、親が家庭で実践できるように開発したものです。

薬に頼らず、家庭でこのブレインバランスプログラムを取り組めるように書かれたこの本は、発達障害に悩むお子さん、そしてその両親にとって、希望の光になるはずです。

【もくじ】
訳者序文
序説 現代の子供たちにおける最悪な流行を止めるために

Part 1 つながりを失った子供たち
第1章 違う症状、ひとつの問題
第2章 子供の脳は実に柔軟なものである
第3章 脳が無作法に振舞うとき
第4章 何が原因なのでしょうか?
第5章 左脳、右脳

Part 2 メリロホームブレインバランスプログラム
第6章 脳の再接続
第7章 マスターへミスフェリックチェックリスト
第8章 ブレインバランスによって、なにが期待できるのか
第9章 へミスフェリックホーム感覚運動アセスメント
第10章 感覚運動エクササイズ
第11章 神経学業アセスメントとホームアクティビティ
第12章 何を子供に食べさせればいいのか?
第13章 行動変容ホームプラン
出版社からのコメント
全米7万5,000部突破。アジア、ヨーロッパを中心に7カ国語に翻訳され、ブルガリアでは5週にわたってベストセラー1位を獲得。

内容(「BOOK」データベースより)
左右の脳のつながりを取り戻すことで、発達障害は治る!オックスフォード、ハーバードも注目する、治癒率80%を超える新しい家庭療法「ブレインバランスセラピー」

著者について
【著者】
ロバート・メリロ(Dr. Robert Melillo)
臨床医、教授、脳研究者、ブレインバランス・アチーブメント・センター共同創設者。
25年以上にわたり、ADHD、学習および行動の問題、処理障害および自閉症スペクトラム障害の子供たちを助けている。
全米で150ヶ所展開しているブレインバランスセンターでは、数万人に及ぶ発達障害児の支援を行ってきた。
また、自閉症の子供や家族を支援している米国の団体AutismOneで講師を務めるほか、イタリア、オランダ、スウェーデン、ブラジル、ギリシャ、スペインなど世界中で講義を行っている。

【翻訳】
吉澤公二(よしざわ・こうじ)
米国ドクターオブカイロプラクティック、インターナショナル機能神経学ボード小児神経発達障害フェロー。
1990年に渡米。米国にてドクターオブカイロプラクティックの資格を取得し、南カリフォルニアにて開業。
2003年より昏睡患者等、神経難治症治療で世界的権威Dr.Carrickのもとでカイロプラクティック神経学を学び、2007年に米国カイロプラクティック神経学ボードディプロメート認定を受ける。
さらに、本書の著者であるDr.Melilloのトレーニングを受け、機能神経学ボード小児神経発達障害のフェローとなる。
20年以上にわたり米国にて一般カイロプラクティック対象患者からプロスポーツ選手、神経系の難治症患者、そして小児発達障害などの脳の発育バランスの崩れなど、幅広い症状の治療にあたり、現在は日本に帰国し活動を行っている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メリロ,ロバート
臨床医、大学教授、脳研究者、ブレインバランス・アチーブメント・センター共同創設者。25年以上にわたり、ADHD、学習および行動の問題、処理障害および自閉症スペクトラム障害の子供たちを助けている。全米で150ヶ所展開しているブレインバランス・センターでは、数万人に及ぶ発達障害児の支援を行ってきた。また、自閉症の子供や家族を支援している米国の団体AutismOneで講師を務めるほか、イタリア、オランダ、スウェーデン、ブラジル、ギリシャ、スペインなど世界中で講義を行っている

吉澤/公二
米国ドクターオブカイロプラクティック、インターナショナル機能神経学ボード小児神経発達障害フェロー。1990年に渡米。米国にてドクターオブカイロプラクティックの資格を取得し、南カリフォルニアにて開業。2003年より昏睡患者等、神経難治症治療で世界的権威Dr.Carrickのもとでカイロプラクティック神経学を学び、2007年に米国カイロプラクティック神経学ボードディプロメート認定を受ける。さらに、本書の著者であるDr.Melilloのトレーニングを受け、機能神経学ボード小児神経発達障害のフェローとなる。20年以上にわたり米国にて一般カイロプラクティック対象患者からプロスポーツ選手、神経系の難治症患者、そして小児発達障害などの脳の発育バランスの崩れなど、幅広い症状の治療にあたり、現在は日本に帰国し活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ランキングに参加しています。↓クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村