子どもの発達を支えるアセスメントツール ([実用品])

子どもの発達を支えるアセスメントツール ([実用品]) | 安部博志 |本 | 通販 | Amazon

Amazon商品内容紹介

冊子(説明書)概要
1SEE:発達段階を知る、2PLAN:指導計画をつくる、3DO:支援する
この3段階で個別支援計画は万全! 関係者必携のツールです。
アセスメントした結果をどういかすか、日常生活の工夫や配慮まで、具体的に
書いてあります。保護者面談や医師・教師・保護者間の情報の共有にも使えます。

■安部式アセスメントシート(2枚)
★「困っていること確認シート」で子どもの状態がわかります。
★「発達段階アセスメントシート」で、発達段階が正確に把握できます。
★項目チェックで結果が数値化されます。
★できることを確認し、できないことへの支援目標が明らかになります。

著者について
筑波大学附属大塚特別支援学校地域支援部長。特別支援教育士、学校心理士。
筑波大学大学院修了。特別支援教育のコーディネーターとして、この15年間で10000以上の学校を支援してきた。これらの実践を基に子どもの自尊感情や関係性を高める『だれでもかんたんおりがみ』『トーキングゲーム』など各種の教材を開発している。特別支援教育教材開発のエキスパート。
著書に、『ひっくりカエル!』(小学館)、『発達障害の子のための すごい道具』(小学館)、『発達に遅れや偏りがある子どもの本当の気持ち』(学事出版)、『発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ』(明治図書)などがある。

ランキングに参加しています。↓クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村